まず砂糖よりカロリーが低いことを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

オリゴ糖の甘味度とカロリー

砂糖とオリゴ糖のカロリーを比較

砂糖とオリゴ糖のカロリーを比較しますと、オリゴ糖方が低いです。 だからといってオリゴ糖の方が良いのかと言いますと、そうとは言い切れません。 カロリー面ではオリゴ糖かもしれませんが、甘味度という面では砂糖の方が上です。 少し足りないといった程度ですと気にならないかもしれませんが、どのオリゴ糖も半分程度が主です。 カロリーが半分、でも甘味度が半分というのは、結局同じということになります。 もし砂糖と同じ甘味に追いつきたいのであれば、実際問題そうなってしまいます。

あんこや生クリームの甘味がしつこ過ぎるといったことがありませんか? 他にも、砂糖を使っているジュースが甘ったるい感じてしまうこともあるでしょう。 そういった場合に、その甘味を抑えて更により美味しくし、 尚且つカロリーの抑制も可能といったことができるのがオリゴ糖です。 オリゴ糖の甘味度をきちんと把握してみませんか。

虫歯になりにくいオリゴ糖

砂糖の主要成分であるショ糖を100としましょう。 「2kcal/1g」のフラクトオリゴ糖は30~60、ガラクトオリゴ糖は20~25、キシロオリゴ糖は40~50、乳果オリゴ糖は50~70、ラフィノースは20~25です。 「3kcal/1g」のイソマルトオリゴ糖は30~35、大豆オリゴ糖は70~75という結果が出ています。 同じカロリーだとしても、甘味度はかなり違っているのがわかりますね。 中には、砂糖の4~5分の1程度の甘味といったオリゴ糖もあります。

欠点があるとはいえ、砂糖と比べてメリットがとても大きいと言えるのがオリゴ糖です。 一番大きなメリットは、身体にとても良いということでしょう。 食生活の変化が影響してるのか、近年では胃腸が弱っている人が増加しています。 虫歯も、きちんとケアできている人が減っています。 ビフィズス菌を活性化させる上に虫歯になりにくいオリゴ糖は、 今の世の中にマッチした甘味料といえるのではないでしょうか。

カロリー

オリゴ糖の特徴は、とにかく砂糖と比べると低カロリーということではないでしょうか。 オリゴ糖を選んでいる人のほとんどが、砂糖よりカロリーが低いという理由ではないでしょうか。 たくさんの種類があるオリゴ糖ですが、それらはどの種類も基本的に砂糖より低カロリーです。 実際に、その低カロリーがどのくらいなのか、把握していますか?

ポイント

まず、基準となる砂糖についてです。 カロリーは「4kcal/1g」となっていまして、これはつまり、1gあたり4カロリーという事になります。 砂糖を10g使用している食べ物のカロリーは、40カロリーということになります。 ショートケーキひとつに使われる砂糖はおよそ20gでして、80カロリーです。 缶ジュース1本や板チョコレートひとつに使用されている砂糖は30g前後でして、120カロリーになります。

糖分の一日の摂取量の目安
スプーンの砂糖

こうして見ると、そんなに多くないように見えます。 これだけを見ると、全体のカロリー数を砂糖がそんなに多く占めている気がしません。 けれども、糖分の一日の摂取量の目安は50~60gとされています。 つまり、これらひとつでその半分を摂取したことになってしまうのです。

一方、オリゴ糖のカロリーはどれくらいでしょうか。 オリゴ糖は種類が豊富で、各々のオリゴ糖によって若干の違いがあります。 フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ラフィノースなどは、「2kcal/1g」です。 イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖などは「3kcal/1g」です、 いずれも、砂糖の半分、もしくは4分の3程度のカロリー数でして、砂糖よりも少ないものになります。 もし同じ量を摂取したとしても、カロリーが少ない分、脂肪にはなりにくいのは嬉しいですね。 食事制限はとてもきついですが、いつもと同じ量でカロリーや脂肪が少ないのは女性には特にピッタリですね。

オリゴ糖の種類の基礎的知識