腸にとても良いオリゴ糖について知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ラフィノースとキトサンオリゴ糖

ラフィノースは難消化性のオリゴ糖

たくさんあるオリゴ糖の中で、「オリゴ糖」という言葉が名前についていないオリゴ糖が存在します。 一般的に知られているのが「ラフィノース」というオリゴ糖です。 オリゴ糖とはついていませんが、れっきとしたオリゴ糖の一種です。

ラフィノースは難消化性のオリゴ糖です。 通常のオリゴ糖の性質を、きちんとそのまま保持しています。 腸内の有用菌の栄養分となるのも同じでして、腸の働きをよくし、健康面においてとても有効です。 カロリーにおきましても、砂糖の半分程度と嬉しい値です。 ダイエット意識の高い人にとって、有効な甘味料といえるでしょう。

ラフィノースの特徴

そんなラフィノースは、自然界に含まれている食品はといいますと「砂糖大根」です。 砂糖大根は「ビート」というアカザ科の栽培植物の砂糖用品種群です。 テンサイという呼び名でピンとくる人もいるのではないでしょうか。 大根という名前が付いているにもかかわらず、大根は無関係な植物です。 サトウキビ同様、砂糖の原料として利用されています。 そして、ラフィノースの元となる「糖蜜」も含まれています。 この糖蜜を、クロマトグラフ法という製法によって分離させて濃縮します。 そして、精製結晶化と乾燥によって、ラフィノースは生まれて来ます。

ラフィノースの特徴は、吸湿性が少ないというのと、甘味が薄いということです。 甘味度は、ガラクトオリゴ糖とほぼ同等です。 主要オリゴ糖と呼ばれるもの分類されていますが、その中では最も甘さが弱いオリゴ糖です。 健康食品としての価値はとても高く、利用頻度は高いのも特徴です。 天然成分としては「キャベツ」や「アスパラガス」に含まれてはいますが、少量となります。 そのため。ビートからの抽出精製が基本的です。

キトサンオリゴ糖

「キトサンオリゴ糖」というオリゴ糖を聞いたことはあるでしょうか。 大豆オリゴ糖やフラクトオリゴ糖等と比べると、知名度はやや落ちるようです。 ですが、「キトサンオリゴ糖」もそれなりの知名度を保持したオリゴ糖です。 名前の「キトサン」が記憶に残る人も多々いるのではないでしょうか。 キトサンは、ここ最近多くの健康商品で使われることの多くなった成分です。 その知名度が上がるにつれて、キトサンオリゴ糖にも注目が集まってきているようです。

ポイント

キトサンは、カニやエビの外骨格に含まれている成分として知られています。 きちんと説明しますと、これらの中の「キチン」という物を煮沸処理するなどの処理を施して、アセチルと分離させる事によって作られます。 ほとんどが、キチンとキトサンがセットでみなされる場合が多いようです。 オリゴ糖の場合におきましても、キトサンオリゴ糖だけではなく、キチンオリゴ糖も存在しています。 そして、これらはセットで扱われることが多いです。

生成されたオリゴ糖
カニ

キチンを加工する前の段階で原料としているオリゴ糖が、キチンオリゴ糖です。 製造方法は、酸分解、もしくは酵素分解を用いています。 まずはカニ、エビなどの外骨格からカルシウムやタンパク質を取り除く事によってキチンを生み出します。 このキチンおよびキトサンを酸分解、酵素分解する事によって、各種オリゴ糖となるのです。

生成されたオリゴ糖は難消化性ですので、他のオリゴ糖の性質と同じく、腸にとても良いものとなります。 また、キトサンを原料としているためにキトサンの性質を多く受けついているので、抗菌作用も多分にあります。 と同時に欠点も受けついていまして、大量に摂取してしまうことによって、栄養素の吸収を妨げる場合があるので要注意です。

オリゴ糖の種類の基礎的知識