オリゴ糖には自然界にあるものと人工的なものがあることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

キシロオリゴ糖とイソマルトオリゴ糖

自然界に存在している物とそうでない物

オリゴ糖は、数多くの種類があります。 そのオリゴ糖には、自然界に存在している物とそうでない物があります。 キシロオリゴ糖と呼ばれるオリゴ糖は、自然界に存在しているオリゴ糖です。 けれども、キシロオリゴ糖を成分として含んでいる食材はほとんどありません。 もし含有している食材があったとしても、それらの食材の中に含まれるキシロオリゴ糖の量は、 フラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖と比較しても、かなり少ないようです。

タケノコやトウモロコシに、キシロオリゴ糖が含まれています。 トウモロコシはとても甘く、糖分が多い食材です。 その糖分の中でキシロオリゴ糖が占めている割合はごくわずです。 つまり、天然成分としては非常に貴重なものと言えます。 天然成分は貴重かもしれませんが、キシロオリゴ糖は人工製造も可能というのは嬉しい事実です。

原料にはキシラン

原料にはキシランが使用されています。 キシランというのは、いわゆる「多糖類」の一種です。 天然成分としては「アラビノキシラン」「グルクロノキシラン」といった形で有しています。 このキシランは、キシラナーゼという酵素によって分解して生成されます。 天然成分としての採取は、ほとんど見込みがないキシロオリゴ糖です。 けれども人工生成するのはとても簡単でして、大抵の植物から生成が可能です。

実はそれ故に、かなり多くの量が作られています。 こちらも、代表的なオリゴ糖のひとつとして扱われています。 甘味はガラクトオリゴ糖の倍で、フラクトオリゴ糖とほぼ同じくらいです。 フラクトオリゴ糖は甘味度の幅がかなり広いですが、キシロオリゴ糖は安定した甘味度があります。 それ以外の性質はフラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖に近いものがあります。 難消化性で腸の菌の栄養分としての役割も、きちんと果たしてくれます。

イソマルトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、そしてキシロオリゴ糖といったこれらのオリゴ糖は、性質が近いとされているオリゴ糖です。 甘さという点においても、度数は違えど近いものがあります。 これからお話するイソマルトオリゴ糖は、甘さの性質が他とは違うオリゴ糖です。

ポイント

イソマルトオリゴ糖を含有している食材は、はちみつ、清酒、しょうゆ、 みそといったコクという特徴をもった甘味が多いです。 それらの食材の味から連想される通り、イソマルトオリゴ糖はとてもコクのある甘味が特徴のオリゴ糖です。 コクのある甘味というのがいまいちわかりにくいという方は、「みたらし団子」のタレを思い浮かべてもらえればよいでしょう。 砂糖とはやや違った性質の甘さですね。 甘味度はガラクトオリゴ糖以上、フラクトオリゴ糖以下といった値でして、コク深い印象の割には甘さ控えめです。

人工製造も比較的楽にできるオリゴ糖
水飴

こちらも人工製造が可能です。 その際に使われるのは、マルトース液というものです。 これを「α-グルコシダーゼ」などを使用して酵素反応を起こて製造します。 マルトース液の「マルトース」は「麦芽糖」とも呼ばれています。 こちらは、水あめの原料として知られています。 マルトース液は「澱粉」を原料としており、澱粉はトウモロコシなどの色々な食材からも採取が可能な物質です。 原料の調達が簡単なので、人工製造も比較的楽にできるオリゴ糖といえます。

イソマルトオリゴ糖は、一部消化性のオリゴ糖です。 フラクトオリゴ糖などとは違い、ビフィズス菌の栄養分として、他のオリゴ糖ほど効果がありません。 ある程度の活性化には繋がりますが、砂糖ほどではありませんが、カロリーが他よりやや高めです。 熱に強い性質を持っているのが特徴で、料理に使用しやすいことで知られています。料理に使用しやすいので、手軽に 健康に生かせるので注目も集まっています。簡単、というのはこの忙しいご時世必須ですよね。

オリゴ糖の種類の基礎的知識