フラクトオリゴ糖とガラクトオリゴ糖の基礎的知識

サイトマップ

トップバナー

フラクトオリゴ糖とガラクトオリゴ糖

オリゴ糖は人工で製造する事も

オリゴ糖には様々な種類があります。その中で、最もメジャーなオリゴ糖が「フラクトオリゴ糖」です。フラクトオリゴ糖は、タマネギやゴボウ、アスパラガスなどの野菜に含有されているオリゴ糖です。最も多くフラクトオリゴ糖を含有してるのはゴボウでして、約3.6%がこのオリゴ糖になっています。他にも、蜂蜜やバナナにも含有されています。

実は、オリゴ糖は人工で製造する事もできます。人工で作る場合は「ショ糖」を原料としていまして、ショ糖を「β-フラクトフラノシダーゼ」「グルコースイソメラーゼ」という物質によって酵素反応させます。そして転移させることによって混合液を作り出し、それを分離させるとフラクトオリゴ糖となるのです。

砂糖に近い甘さ

フラクトオリゴ糖は難消化性のオリゴ糖でして、ほとんど消化はされることはありません。 ビフィズス菌の栄養分となってくれますし、結果としてビフィズス菌をはじめとした腸内有用菌の活性化に役立ちます。オリゴ糖は、虫歯になりにくい甘味料としても有名です。他には、便秘の解消、高脂血症の改善、血糖値の抑制などといった効果もあり、健康にとても良い性質を持っています。

甘味はどうなのかと申しますと、砂糖に近い甘さを持っています。けれども、その甘味度は砂糖の半分程度、カロリーも砂糖のおよそ半分と低くなっています。ほのかに甘く、低カロリーの甘味料として女性にとても人気の甘味料です。フラクトオリゴ糖はオリゴ糖の代表的な種類といえます。オリゴ糖と聞いてイメージする性質がそのままありますので、オリゴ糖の代表格として人気を博しています。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖というオリゴ糖も有名でして、フラクトオリゴ糖とかなり近い性質を持っています。 このガラクトオリゴ糖もフラクトオリゴ糖同様、代表的なオリゴ糖の種類のひとつです。 基本的には、フラクトオリゴ糖と同様に天然の食材に含有されつつ、人工製造も可能のオリゴ糖です。 ガラクトオリゴ糖を含んでいる食品はといいますと、「母乳」や「牛乳の初乳」です。 代表的なオリゴ糖の中で、ガラクトオリゴ糖は唯一の動物性オリゴ糖です。

ポイント

これはガラクトオリゴ糖の最大の特徴となっています。 ガラクトオリゴ糖を人工的に製造しようとすると、原料に乳糖が必要になります。 フラクトオリゴ糖と同じように、酵素反応を利用して作られます。 その時に「β-ガラクトシダーゼ」が使われるので、ガラクトオリゴ糖という名前になったそうです。

赤ちゃんが身体を生成するためにとても役に立つ
赤ちゃん

最大の特徴である動物性のオリゴ糖という点は、効能にも表れています。 牛乳が持っているタンパク質の消化吸収を補助する効果があるので、赤ちゃんが身体を生成するためにとても役に立ちます。 母乳に含まれているというのは、ここが大きな理由でしょう。 ガラクトオリゴ糖は、この他にもビフィズス菌などの腸内有用菌の活性化に有効です。 虫歯の予防にも役立ってくれます。

甘味についてですが、あまり甘味度が高くなく、フラクトオリゴ糖の半分程度です。 すなわち、砂糖の4分の1程度の甘味度です。 注意して欲しい点が、牛乳の性質を一部有しているということです。 タンパク質を抗原としたアレルギーの原因になる可能性があり、 それが下痢を引き起こす場合もあります。このような場合はいったん使用を停止して、アレルギーを持って いないか確認した方がよいでしょう。たまたまお腹が壊れただけでアレルギーがないのであれば、 引き続き利用することができます。その場合は量を調整しながら体を慣らしていく必要がありますので 少なめから再度取りましょう。

オリゴ糖の種類の基礎的知識