オリゴ糖とビフィズス菌の違いを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

オリゴ糖とビフィズス菌

注目されるきっかけはダイエットブーム

ある程度の年齢の方は知っているかと思いますが、オリゴ糖がメジャーになったのは最近です。甘味料としてのオリゴ糖は、それほど注目されたものではありませんでした。甘味料といえば砂糖というのが当たり前だったので、オリゴ糖はどうしても「マイナーな甘味料」というイメージが拭われずにいました。一般的に甘味度では砂糖の方が上回っていましたし、コストパフォーマンス的な面においても砂糖の方が上でした。そんな世の中でしたので、オリゴ糖は表舞台に上がることはほとんどありませんでした。

そんなオリゴ糖が注目されるきっかけは、やはりダイエットブームでしょう。 オリゴ糖の低カロリーさがダイエットに向いているということで、注目が集まりました。低カロリー食品のブームが到来する前の話なので、驚きですね。「ビフィズス菌」との関係が判明されて以来、オリゴ糖は更に注目されることになりました。オリゴ糖の存在はかなり前から明らかになっていましたし、常に研究の対象となって注目されてはいました。その研究の成果でしょう、ビフィズス菌がオリゴ糖を栄養分としている事実が判明したのです。

腸にで吸収される事がほとんどない

ビフィズス菌は、人間の腸に存在している菌というのは有名です。悪玉菌を追い出すなどの、腸の健康を保つために必要な菌だということが知られています。オリゴ糖は、そのビフィズス菌の栄養になっているということは素晴らしい発見ですね。人の体に好影響を与えるという事実は、健康志向の人への人気を得ることに繋がりました。

オリゴ糖は、腸にで吸収される事がほとんどありません。ビフィズス菌が食べてくれるだけで、体内に残るということがありません。 つまり、都合よく健康に役立ってくれる物質なのです。甘い物を摂取しているのに健康にも役立つというのは一石二鳥ですね。甘い物が好きな人にとって、とてもうれしい甘味料なのです。

ダイエットと甘味

世の中、ダイエットは当然といった時代になってきています。いわゆるダイエットブームというのは慢性化しています。メタボリックシンドロームが社会問題になりメタボ検診が義務づけられたことがそれをあらわしているのではないでしょうか。今日は男女関係なく、健康のためにダイエットを行う世の中になっているのです。ダイエットの最大の敵は、カロリー過多な脂肪分や糖分をふんだんに含んだ食品でしょう。

ポイント

脂肪に関してもそうですが、糖質に関しても、好きな人は控えることが大変ではないでしょうか。お菓子というものは、間食として取ることが多いです。「つい手に取ってしまう」ということが多く、止めたいのに止めることができないといった人が多いようです。スイーツは女性が好んで食べているイメージがあるかもしれませんが、実は男性もかなり好む人が多いようで、多くの方が購入しています。ジュースなどの甘い飲み物は、女性よりも男性の方が多く手にとっていることが多いかもしれません。

一日の許容量を超えた時に脂肪へと変化
肥満が気になる

スイーツや甘い飲み物といった甘味料は、一日の許容量を超えた時に脂肪へと変化して体内に残留します。 これは当然、メタボリックシンドロームへの階段を上ることへと繋がります。それは良くないということは誰しも気づき、甘い食べ物を我慢するという道を選ぶことが多いでしょう。けれど、甘党の人が甘い物を断つというのは容易なことではありません。甘いものを食べつつダイエットしたいと思いませんか?そこで思い浮かぶのが、「カロリーの低い甘い物」です。

「カロリーの低い甘い物」というものが、この世に存在するのでしょうか。一般的に甘味料というのは、砂糖を 指します。この砂糖がカロリーを増加している原因なのですが、砂糖以外にも甘味料は存在しているのです。 それがオリゴ糖でして、オリゴ糖はメタボ対策に便利な甘味料として多大な注 目を集めています。甘みはあるのに、糖質が砂糖のようにないのであれば、糖尿病の方にも喜ばれますし、糖尿 病対策にもなりますよね。成人病で有名な糖尿病ですが、万病の元ですので、その対策もできるとなればうれしいものです。

オリゴ糖の種類の基礎的知識