オリゴ糖はダイエットに向いている甘味料であることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

オリゴ糖とは

ダイエットに向いている甘味料

オリゴ糖は、ダイエットに向いている甘味料ということで、多大な関心を寄せられています。 定義的な言い回しをしますと、「単糖類同士のグリコシド結合で結合した化合物の中にあって、 比較的少ない分子量で形成されている物質」といった形になります。 こういった言われ方をされると、わかるはずのものもわかりにくくなりますね。 簡単に申しますと、糖質と呼ばれるものが組み合わさってできているのがオリゴ糖です。 そういう意味では、”砂糖”と呼ばれるものも同類となります。 砂糖は「二糖」といわれているものにあたり、小糖類の一種とされています。

オリゴ糖は一般的に、3種類の糖、すなわち3つ以上の単糖がくっついてできています。 中には2種類の二糖類もオリゴ糖と呼ぶ場合もあります。 つまり、複数の単糖が統合した状態をオリゴ糖と言っているようです。 ということは、砂糖もオリゴ糖ではないかという疑問が出て来ますよね。 そうともいえなくもないですが、一般的には分けて考えられています。 オリゴ糖は砂糖の親戚、といった解釈がほとんどなようです。

砂糖と似たような甘さがあるのが特徴

オリゴ糖は糖類なので、当然ですが甘いです。 甘味料なので甘いのは当たり前ですが、砂糖と似たような甘さがあるのが特徴です。 ですが、甘さの程度としましては、砂糖ほどではありません。 甘さのレベルはオリゴ糖の種類によって違いますが、基本的に砂糖以下といった状態です。 そのせいなのかカロリーは少なめで、これが「オリゴ糖はダイエットに向いている」 とされている理由です。

天然の食物の中にオリゴ糖が含まれていることがあります。 それを取り出して”天然物”という風にしたり、科学的に作り出したりと、色々な作り方があります。 オリゴ糖は、たくさんの特徴をもっている甘味料と言えるでしょう。健康の事を考えるのであれば、 天然物のほうがよりよいと言えますよね。

種類

色々な効果を期待してしまうオリゴ糖ですが、 その効果が同じオリゴ糖によって得られるというわけではありません。 オリゴ糖には多くの種類があり、それぞれが違った特徴を持っています。 それらの種類について、少しお話しして行きましょう。

ポイント

オリゴ糖の種類で多く使われているのが、「ガラクトオリゴ糖」「キシロオリゴ糖」「フラクトオリゴ糖」 「大豆オリゴ糖」「乳果オリゴ糖」「ラフィノース」「イソマルトオリゴ糖」などです。 これらの糖質は同じ性質ではなく、製法、消化性、甘味度などは多種多用です。 同じオリゴ糖と呼ばれるものでも別の特徴や性質を持っていますので、これらは別の甘味料と考えてもよいくらいです。 よく知らない人が多く、ほとんどが「オリゴ糖」といった感じの一括りの状態となっています。 何も考えていない私達ですが、きちんとした目と耳と舌で、どういったタイプのオリゴ糖なのかを調べることが大事です。

共通しているのは「甘い」ということ
デザートにオリゴ糖

様々なオリゴ糖がありますが、これらに共通しているのは「甘い」ということです。 それと「体に良い性質を持っている」、「低カロリー」というのも挙げられます。 糖によって甘味度は違いますが、全てのオリゴ糖に甘味があるのは事実です。 中には人間の味覚ではほとんど感じることのできないレベルの甘味度のオリゴ糖も存在します。 使用する目的と甘味料の特性が合っているか、購入する際に調べた方が良いでしょう。

多くのリゴ糖は、「整腸作用」が期待されています。 期待されている反面、それがほとんど存在しないオリゴ糖もあるそうです。 整腸はビフィズス菌との結合によって成し得る効果でして、それはオリゴ糖の最大のメリットと言えます。 ほとんど消化されないからこそ、起こり得る現象なのです。 「イソマルトオリゴ糖」のように、消化性のあるオリゴ糖の場合はその効果が激減します。 そういった特性も理解しつつ、それぞれのオリゴ糖の特徴を生かしていきましょう。 特性を知らないままだと特性を打ち消してしまい、メリットが得られないのです。 これは薬などでも同じことですよね。オリゴ糖にしても全く同じ事がおきるのです。

オリゴ糖の種類の基礎的知識