基礎知識として様々な種類のオリゴ糖があることを知りましょう

サイトマップ

トップバナー

フラクトオリゴ糖

オリゴ糖という名前は皆さんご存知だと思いますが、その種類の基礎的知識をお持ちでしょうか?ここではそんなオリゴ糖の種類の基礎的知識をご紹介していきたいと思います。様々な種類が存在するオリゴ糖でも、一番もメジャーなのもは、フラクトオリゴ糖になります。この最初の代表的なオリゴ糖の種類のフラクトオリゴ糖は、タマネギやゴボウ、アスパラガスなどの野菜に含まれているものというのが基礎的知識です。一番多くのフラクトオリゴ糖が入っているのはゴボウで、約3.6%がこのオリゴ糖の種類になっているのも基礎的知識です。また、このオリゴ糖は蜂蜜やバナナにも入っています。

リゴ糖の種類であるフラクトオリゴ糖は、人工で製造も可能で、その場合はショ糖を原料と するのも基礎的知識です。ショ糖をβ-フラクトフラノシダーゼ、グルコースイソメラーゼと呼ばれる物質により酵素反応で、転移させる事で混合液を作ります。それを分離させるとフラクトオリゴ糖という種類が完成する、というのも基礎知識になります。フラクトオリゴ糖は難消化性のオリゴ糖と呼ばれ、原則としてほぼ消化されません。ですので、ビフィズス菌の栄養分にもなり、腸内有用菌の活性化に貢献する種類のオリゴ糖であるのも基礎的知識として理解しておきましょう。

甘いデザート
虫歯になりにくい甘味料

また、このオリゴ糖の種類は虫歯になりにくい甘味料としても知られているのも基礎的知識です。また、便秘解消、高脂血症の改善、血糖値の抑制などの効能もあり、とても体に良い性質を含んでいるのも、オリゴ糖の種類の基礎的知識になります。甘味については砂糖の半分程度となっていることも知っておくとよいでしょう。

嬉しい様子
女性に人気

その分、オリゴ糖の種類はカロリーも砂糖の約半分と低く、ほのかに甘く、低カロリーの甘味料なので、女性に人気なのも基礎的知識なのです。フラクトオリゴ糖はオリゴ糖の代表的な種類ですので、オリゴ糖と聞いてイメージする性質を基本的にそのまま持っていると考えてよいです。

その2ガラクトオリゴ糖

牛

次のオリゴ糖の種類で、フラクトオリゴ糖と相当近い性質を保有するオリゴ糖で、ガラクトオリゴ糖も有名なのも基礎的知識です。このガラクトオリゴ糖も聞きなれない名前かもしれませんが、オリゴ糖の代表的な種類のひとつなのも基礎的知識として覚えておくと良いです。原則的に、フラクトオリゴ糖と同様に天然の食材に含まれる成分のオリゴ糖で、人工製造もできる種類のオリゴ糖なのです。ガラクトオリゴ糖を含む主な食品は、母乳や牛乳の初乳などがあげられます。最大の特徴は代表的なオリゴ糖の中でただ一つの動物性であるというポイントといえます。

オリゴ糖の種類のガラクトオリゴ糖を人工的に製造する場合は、乳糖が原料になるのも基礎的知識です。これをフラクトオリゴ糖と同様に、酵素反応を活用して生成するのです。その際にβ-ガラクトシダーゼを使用するので、ガラクトオリゴ糖という名称になったと言われているのもちょっとした豆知識です。

動物性のオリゴ糖

ポイント このオリゴ糖の種類の最大の特徴である、動物性のオリゴ糖という点は、効能にも表れているのも基礎的知識です。牛乳有するタンパク質の消化吸収を補助する効果があるので、赤ちゃんが健康に成長する上でも大変役立ちます。母乳にこの成分が含まれているのは、そのためとも言われています。また、オリゴ糖の種類のの一つであるガラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌などの腸内有用菌の活性化や、虫歯予防などに役立つというのも基礎的知識になります。

甘味はあまりなく、甘味度はフラクトオリゴ糖の半分程度です。つまり、砂糖の4分の1程度となっています。尚、牛乳の性質を一部有している ためにタンパク質を抗原としたアレルギーの原因となり、それが下痢を引き起こす事もあるので、その点は注意が必要です。 ですので、摂取のしすぎは禁物ですし、万が一アレルギー反応などがでた場合はすぐに医者にかかって調 べてもらう必要があるのも基礎的知識です。下痢がアレルギー反応だといういうことを知らない方が多いの ですが、実は下痢もその一種だということをしっかり覚えておきましょう。下痢は何か身体に異変があり、それを排除するために便として身体の外に 排出している、ということなのです。体がおかしくなっているサインではなりますが、同時に体を修復しようとしている作業でも あるのです。また嘔吐が続くと脱水症状がでるので、ポカリなどを備えましょう。

相互リンク
http://www.realmediajapan.com/
https://www.momoda.co.jp/bed/
http://www.choeisha.com/

その3キシロオリゴ糖

トウモロコシ

オリゴ糖の種類の基礎的知識として、オリゴ糖には、自然界に存在している物と存在しない物があります。キシロオリゴ糖は、自然界に存在しているオリゴ糖です。そのキリロオリゴ糖の種類の基礎的知識をご紹介したいと思います。まず、キシロオリゴ糖を成分として含む食材は多くないのも基礎的知識です。しかも、食材に含まれるキシロオリゴ糖の量も、フラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖と比較すると、かなり少量のようです。

キシロオリゴ糖の種類が含まれる食材は、タケノコやトウモロコシなどです。トウモロコシは甘みが強く、糖分が多い物なのは皆さんもご存知だと思いますが、キシロオリゴ糖が入っている割合はごくわずかで、天然成分として大変に貴重なのです。

「多糖類」の一種

ポイント ただ、オリゴ糖の種類の基礎的知識として、キシロオリゴ糖はその一方で、人工製造をすることがき、原料にはキシランを使用します。キシランという名前は知らない人の方が多いのですが、いわゆる「多糖類」の一種になります。天然成分として「アラビノキシラン」、「グルクロノキシラン」といった形で存在しているのも基礎的知識です。このキシランを、キシラナーゼという酵素を使って分解して生成するのです。先の通り、オリゴ糖の種類の基礎的知識として、天然成分として採取するには量が採れないキシロオリゴ糖ですが、人工生成するのは非常に簡単で、大抵の植物から生成できるのも基礎的知識です。ですので、実際は相当な量が作られており、代表的なオリゴ糖のひとつになっているのです。

このキシロオリゴ糖の種類は甘味はガラクトオリゴ糖の倍もあり、フラクトオリゴ糖とほぼ同じですが、フラクトオリ ゴ糖は相当、甘味度の幅が広いのと比較し、キシロオリゴ糖は安定しているのも基礎的知識です。それ以外の性質は上 でご説明した2つのオリゴ糖に近く、難消化性で腸の菌の栄養分としての働きが高いのも基礎的知識です。 腸の働きはみなさんご存じのとおり大変重要なものです。腸の動きが悪くなることにより引き押される重大な病気なども数多くあるのです。 逆に腸の動きが良くなりすぎることで悪くなることもあるので、バランスをとれるようにすることが大事です。

相互リンク
無料電話法律相談~男女トラブル
http://datsumou-menz.com

その4イソマルトオリゴ糖

はちみつ

次はイソマルトオリゴ糖と呼ばれる種類の基礎的知識です。先に説明した、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖などのオリゴ糖は、比較的に近いとされているオリゴ糖になります。ですので、甘さも、度数は違っても似ていると言えるのです。それと比較し、イソマルトオリゴ糖は、やや甘さの性質が異なるオリゴ糖として知られいることをイソマルトオリゴ糖の種類の基礎的知識として理解しておきましょう。

イソマルトオリゴ糖の種類の基礎的知識として、イソマルトオリゴ糖を含む食材は、はちみつ、清酒、しょうゆ、みそなどコクを持つ甘味があるものです。他にもコクのある甘味と言えば、「みたらし団子」のタレを考えれば理解しやすいと思います。砂糖とはちょっと違った甘さです。また、甘味度はガラクトオリゴ糖以上、フラクトオリゴ糖以下といった程度で、印象ほど甘くないのも嬉しいところですね。

マルトースは麦芽糖

ポイント また、イソマルトオリゴ糖の種類の基礎的知識として、人工製造も可能で、その際にはマルトース液と呼ばれるものを原料として使用します。これをα-グルコシダーゼ等を使用し、酵素反応を起させ、生成するのです。マルトース液のマルトースは麦芽糖とも呼ばれ、これは皆さんもご存知の水あめの原料なのです。マルトース液は澱粉を原料とし、澱粉はトウモロコシ等、色々な食材から採取が可能です。原料の調達は簡単なので、イソマルトオリゴ糖の種類の基礎的知識として、人工製造が簡単なオリゴ糖なのです。

イソマルトオリゴ糖の種類の効能は、フラクトオリゴ糖等とは違い、一部消化性のオリゴ糖なので 、ビフィズス菌の栄養分という観点では、他のオリゴ糖ほど効果はない のが現実なのも基礎的知識です。しかし、ある程度の活性化の働きはあります。カロリ ーも高めですが、砂糖ほどではありませんので大丈夫です。また、熱に強い性質なので、料 理のも使用しやすいのが特徴です。ですので、料理してでオリゴ糖を摂取するのであれば、 この熱に強い性質の利点が生かされてきます。ただ、先の通イソマルオリゴ糖はカロリーが高め ですので、砂糖は使用しいないとはいえ、とりすぎるとカリローオーバーになるので、注意が必要 なもの基礎的知識です。糖と言う以上は糖分になりますので、砂糖と基本的に同じなのです。カロリーオーバーは 身体にかなりの負担がかかるので、この点でも注意が必要です。どんなに良いものを食べていたりしても、健康に気遣っても、 カロリーオーバーは体への毒になりますので、注意しましょう。寝たままでも人間は一日1200カロリーが必要、 とされるほど、ですが、オーバーは病気の元です。

相互リンク
http://abe-jim.com/
http://shounani.co.jp

その5大豆オリゴ糖

大豆

次は大豆オリゴ糖といわれる種類の基礎的知識に関してです。色々なオリゴ糖の中でも甘味度が高く、甘さが強いオリゴ糖なのがこの大豆オリゴ糖なのです。大豆オリゴ糖の種類の基礎的知識として、大豆オリゴ糖は砂糖の4分の3程度という高さがあり、フラクトオリゴ糖やキシロオリゴ糖よりも断然に甘いオリゴ糖なのです。ただ、カロリーもやや多めで、イソマルトオリゴ糖と同じように、砂糖よりは低いとはいっても、それなりの数値なっているのも基礎的知識です。

大豆オリゴ糖という名の通り、このオリゴ糖は大豆を使用しています。大豆オリゴ糖の種類の基礎的知識として、大豆自体が非常に生産量が高いので、天然のオリゴ糖として収穫しやすいのもあります。製造上では「大豆ホエー」と呼ばれる物を使用しているのも基礎的知識です。製造方法はフラクトオリゴ糖などとは違い、酵素反応でなく「分離精製」を利用して生成される種類となります。「大豆ホエー」を分離し、ラフィノースとスタキオースと呼ばれる成分を取り出し、この二つの成分を混合させ「大豆オリゴ糖」ができあがるのです。

非常に爽やかな甘味

ポイント 先の通り、大豆オリゴ糖といわれる種類の最大の特徴は、やはりその甘さにあるのが基礎的知識です。ただ甘味度が高いだけではなく、非常に爽やかな甘味をもっており、単純に甘味としてだけでも人気も高い甘味料なのが、大豆オリゴ糖の種類の基礎的知識なのです。しかし、難消化性のオリゴ糖の種類ではないので、腸内の菌を活性化させるという意味では、他のオリゴ糖には劣ることも必要な知識です。

ですが、砂糖に近い甘味で、砂糖より低カロリーで虫歯にもなりにくい、という特性を考えると 健康食品として十分に役立つのも基礎的知識です。また、大豆から作られているという事もあり、大豆の持つ性質も一部引き継 いでいるので、メタボリックシンドロームの予防などにも効果があるのも基礎的知識として知っておくと便利です。 大豆はよく知られている通り体によいものですし、虫歯になりにくい、などのメリットもあることを考えるとこの 大豆オリゴ糖は非常に価値のあるものだと言えます。大人もお子様も問題になりがちな虫歯になりにくい、というメリットは特に 大きいのではないでしょうか。大人は特に歯医者に行く時間もなかなかとれませんので、虫歯にならないこ とはうれしいことですよね。病気の痛みであれば、24時間救急病院がどこにでもありますが、歯医者で24時間はまだ 珍しいので、夜間対応ができません。

その6乳果オリゴ糖

甘いスイーツ

最後にご紹介するのは難消化性の乳果オリゴ糖と呼ばれる種類の基礎的知識です。乳果オリゴ糖という種類は、天然のオリゴ糖としては、発酵ヨーグルトにごく少量に入っていますが、そこから量はほぼ採れないので、原則的に人工製造する事で生産されてるオリゴ糖、というのが基礎的知識です。原料は牛乳に含まれる「乳糖」とサトウキビに含まれている「ショ糖」なのも基礎的知識として押さえておきましょう。ショ糖はフラクトオリゴ糖の原料でもあり、二つのオリゴ糖の種類は性質が近い物なのです。

オリゴ糖の種類の製造方法は、酵素反応を利用し、「β-フラクトフラノシダーゼ」を主に利用しているのが基礎的知識です。また、このβ-フラクトフラノシダーゼは「アルスロバクター」と呼ばれる土壌細菌の種類から採取される物です。β-フラクトフラノシダーゼはフラクトオリゴ糖でも利用されるので、製造過程でも二つのオリゴ糖の種類は近いのです。

自給が高く、自分の知識を活かせるの魅力的な業務

ポイント ただ、乳果オリゴ糖の種類の基礎的知識としてフラクトオリゴ糖とは甘さが違うのも知っておきましょう。乳果オリゴ糖の種類はフラクトオリゴ糖よりも若干甘く、砂糖にかなり近い甘味度を持っているのも基礎的知識です。甘さが砂糖に近いので、甘味料としては非常に高性能なのです。また、難消化性ということもあり、ビフィズス菌の活性化にも効果的ですし、虫歯にもなりにくく、カロリーも控えめなのが、嬉しい部分です。

乳果オリゴ糖の種類の基礎的知識としてフラクトオリゴ糖と異なる点は、乳糖が原料という ことで、牛乳の性質を一部含んでいる所にあります。酵素反応で全ての乳糖が損なわれるわけでは なく、そのため、牛乳でお腹を壊しやすい人が乳果オリゴ糖を大量に摂取し場合、お腹 の調子が悪くすることもあるのです。このよな点もあるので、腸が弱い方はあまり、乳化オリゴ糖を 摂取しすぎないように注意する必要があります。腸が強いかたでもそうですが、体にいくら良いものでもとりすぎると毒になって しまいますので、適量を守るようにしましょうね。ここまでご説明して参りました、オリゴ糖の種類の基礎的知識が 皆様のお役に立てると幸いです。